声優学校・スクールガイドHOME » 入学前にチェック!声優学校の体験授業 » 総合学園ヒューマンアカデミーの授業見学レポート

総合学園ヒューマンアカデミーの授業見学レポート

当サイトの管理人が、ヒューマンアカデミー新宿校の授業見学に行ってきました!授業の様子や、生徒さんの雰囲気について紹介していきます。

ヒューマンアカデミーが開催している授業見学や体験の情報もまとめていますので、参考にしてみてください。

ヒューマンアカデミー新宿校の授業を見学!

声優学校を選ぶにあたっては、学校のことを知らなければ…!ということで、実際の授業の雰囲気や生徒さんたちの姿勢を見るために総合学園ヒューマンアカデミーの「授業見学」に参加してきました!

デビューするために多くのオーディションを受ける機会が用意されているというヒューマンアカデミー。レッスンは厳しい指導になるんじゃないかと予想を立てながら、いざ体験へ!この見学には、暇そうにしている後輩の工藤(非オタ)を連れていくことに。非オタから見る声優スクールの印象も気になるところです。

新宿駅からヒューマンアカデミー新宿校へ!

今回見学する授業は、夜間コース!ということで夕方の新宿駅に到着。西口を出て、大ガードを横目に見ながら徒歩5分ほどで校舎に到着しました。授業の時間まで少し余裕があったのですが、周りには喫茶店なども多くあるので時間をつぶすには困らないです!見学の時間まで、近くのベローチェでコーヒーをすすりながら、工藤の心境を聞いてみることに。

私「今日は付き合ってくれてありがとう。あんまりアニメとか興味ないんだよね?」

工藤「こないだ薦めてもらったおそ松さんはちょっと見ましたけど、1話だけじゃ何も分からなかったです」

私「あれは3話ぐらいから急にスピードアップするからね。帰ったら続き見といてね。で、声優スクールとかもちろん初めてだと思うけど、緊張とかしてる?」

工藤「全然想像がつかないですね。でも最近の声優さんは美人さんが多いって聞きました。」

私「そう!かわいい人多いんだよね。半分アイドルみたいな感じになってるしね」

工藤「そこはちょっと楽しみですね」

意外にも緊張はあまりしていない様子の工藤は、可愛い人がいるんじゃないかという変な期待を持っている様子。

時間が迫ってきたところで、いざ校舎へ!そこまで大きな校舎ではないですが、とても清潔な印象です。エントランスに入ると、さまざまなオーディション情報だけでなく、オーディションに通過した生徒の名前一覧などがずらっと掲載されていました!これは生徒さんのモチベーションも上がりそう…。

ヒューマンアカデミー入り口
ヒューマンアカデミー新宿校の入り口。オーディション情報などが掲出されています。

しばらくするとスタッフさんから声をかけてもらい、レッスンルームの方へ向かうことに!

レッスンルームへ案内

エレベーターで6階へ。6階はレッスンルームが2つあるようでした。そのうち1つのレッスンルームへ通されることに。

ヒューマンアカデミーレッスンルーム
アフレコ設備が揃うレッスンルーム。

通してもらったレッスンルームは目視で6畳ほど。大きなディスプレイがあり、アフレコ用のマイクも設置セッティングされていました。ここでは録音も可能なようで、外には録音室もありました。今回の授業では録音はしないとのことでしたが、いつでも録音してチェックできる環境のようです。

緊張しながら待機していると、続々と生徒さんたちが入ってきました…!そしてついに授業開始です!

レッスン…授業の進み方

定刻になり、先生の呼びかけで授業スタート。まずは生徒さんの点呼から。ちらほらお休みの生徒さんもいたようですが、この日出席していた生徒さんは20人ほど。なんと3/4以上が女性でした!(工藤歓喜!)

点呼が終わると、なんといきなりアフレコスタート!事前に練習作品と役割分担が決まっているようで、グループに分かれてアフレコ→先生からのフィードバックという流れでした。全6グループで、約2時間。休憩なしでみっちり進められていきました。

練習台となっている映像は、萌え系のキャラクターが登場するシーンから、シリアスなシーン、何気ない会話のシーンなどジャンルは多岐にわたっていました。

レッスン…先生による指導は?

この授業スタイルで最も重要になるのが先生の指導。生徒さんのアフレコに対して、先生は一つずつかなり細かく見ているようでした。

ヒューマンアカデミー声優レッスン
役に分かれてアフレコ。奥では先生が生徒さんの演技に耳を傾けています。

印象的だったのは、生徒さん一人ひとりに合わせて指導する内容も異なること。生徒さんの中には、セリフの読み方が課題の人から表現力が課題の人など、超えなければいけない壁はさまざまです。先生は生徒さんの課題に対して、細かく指導していくので、マンツーマンと言っても過言ではない指導の厚さがありました。

生徒さんのレベルが高いと、素人目線で聞いていると全く違いが分からないこともありました(笑)。演技のかなり細かい部分まで指導してくれるので、これはかなり声優としてのスキルも成長させられそうです…!

指導内容は非常に細かいですが、先生の雰囲気はとても柔和でした。よくレッスンルームは笑いに包まれていて、朗らかな空気でレッスンは進んでいきます。そういえば点呼もニックネームでしていましたし、生徒さんとの距離の近さがうかがえます。

レッスン後には、先生のところに生徒さんが質問をする光景も。

レッスン…生徒さんの雰囲気は?

上でも触れたように、生徒さんは半数以上が女性。年代でいくと、10代~20代前半ぐらいの方々が多いようでした。

レベルについては、結構バラつきがある印象でした。演技の細かいところを指摘されている生徒さんから、基礎的な発生の部分を指摘されている生徒さんなど、そのレベルに応じて指摘されている内容も異なっています。練習量が問われそうです。

アフレコ中は、出番以外の人は座って待機する形になります。ここでは、出番の生徒さんたちの練習姿を見ていることになるのですが、出番でないにも関わらず先生の指摘内容を必死にメモする生徒さんの姿も…!(ちなみにその生徒さんは、授業後にも先生にがっつり質問していました)

授業前はにこやかに話していた生徒さんもアフレコに入るとかなり本気で取り組んでいて、本番を意識している雰囲気がびしびしと伝わってきました。周りのアフレコ風景を見ると、かなり刺激を受けるんだろうなとも思います。

打ち解けた雰囲気、でもレッスンは本気、デビューできる環境が用意されている中で切磋琢磨する生徒さんたちの姿を垣間見ることができた気がします。

総括

初めて声優スクールの授業を拝見しましたが、予想以上にストイックだった!というのが率直な感想でした。

一人ひとりの演技を先生が細かく見てくれているので、それぞれのレベルに合った指導をしてもらうことができそうです。一口にアフレコといっても、演技や滑舌、キャラクターづくりなど考えなければいけないことはさまざまです。一人ひとりの課題に応じて、プロの指導が受けられるのは魅力的だと感じました!

逆に言えば、自分で練習してこない限りは成長するのが難しいかもしれません。レッスンの場で練習するのではなく、練習した成果を披露して先生にフォードバックをもらう形なので、力量の差が出てしまうのも仕方ないです。

声優になりたいという熱意を持って練習に臨めば、それだけ高いレベルの指導を受けることができますし、デビューへの道のりもぐっと引き寄せることができるはずです!自分次第で、輝ける環境があるのがヒューマンアカデミーだと思います。

ヒューマンアカデミーの体験授業情報

ヒューマンアカデミーの声優学科公式HP

今回体験に行った授業以外にもヒューマンアカデミーではいろいろな体験授業を行っています。どんな体験授業を行っているかご紹介します。

種類

夜間コース授業見学 実際の授業風景を見ることができます。個別面談もあるので気になることがあったら気軽に質問もできますよ。
高校生対象演技レッスン 体験授業というより無料レッスンという形で演技やアテレコのレッスンをうけることができます。
アフレコ体験 アニメだけでなく洋画のアテレコもできる体験授業です。
個別相談会 声優になりたいけどほんとになれるのか不安、親に反対されている、声優になれても食べていけるのといった疑問に個別で相談に乗ってもらえます。
オープンキャンパス アテレコ体験、声優適性診断、スキルチェックなどいろいろな参加型イベントがあります。

日時

主に平日の18時以降か土日に開催しています。学生も社会人も参加しやすい時間帯なので興味があったら参加してみましょう。

詳しくは公式HPに載っています!

>>総合学園ヒューマンアカデミーのHPで最新の日程をチェック!

PAGE TOP