2、声優学校で技術を磨く

声優になるには通らなければならないステップとして、声優学校で学ぶことや練習内容などについて解説しています。気になる方はぜひチェックしてみてくださいね!

声優の学校で学べること【技術・マナー・実践トレーニング】

授業の内容やカリキュラムの組み方というのは、もちろんその学校によって異なってくるのですが、ある程度共通して行われる内容というものがあります。

それは、発声・発音の練習や、肉体的なトレーニング、そして、表現や演技のレッスンなどです。

  • 声優になるにはたくさんの練習・トレーニングを積まなくては発音・発声練習
    言葉をきちんと発することが出来なくては、務まらないのが声優です。正しい発声法や発音、そして滑舌などを基礎からみっちりと学びます。自己流ではなく、正しい腹式発声法や50音の発音が身に着くのは、スクールならではのメリットと言えるでしょう。
  • 運動
    おろそかにできないのが、体育などの授業。正しい発生を自分のものにするためには、筋力のトレーニングや肺活量などというものが、想像以上に重要となります。声優は運動嫌いでは務まらない職業ですので、苦手意識がある人も積極的に取り組みましょう。
  • 表現や演技
    例え姿は映らなくとも、演技力がなければ務まらないのが声優です。学校なら俳優として実際の舞台に立っている講師が、演技や表現の基礎をレクチャーしてくれます。

また、業界でマルチな活動ができる声優を育てるためにダンスや歌唱にかんする授業をカリキュラムに取り入れている学校や、レコーディングにアテレコ実習、ナレーション、インタビューの答え方やスチール撮影に至るまで、きめ細かな指導を行っている学校もあります。

中には、オーディション対策基礎知識指導のカリキュラムを設けているところも…。自己PRの仕方を効果的に学べますから、学校に通っていない人との間に、大きな差をつけることができそうです。

上記以外にも、発表会や公演などの機会を年に数回設けている学校がほとんどなので、人前に立ち、自己表現する貴重な経験を積むことができます。

こうした授業は、担当する講師によって内容が違ってくる場合もあるので、カリキュラムの特長やどんな講師に教わるのかなどについて、しっかりとチェックしておきましょう!

ちなみに、大学や専門学校などのいわゆる「認可校」では、上で挙げたような声優のトレーニングとは関係のない、必須授業と言われるものを受けなければならないことも多いです。

アテレコ、ナレーション、レコーディング

プロの声優として求められる本当に必要なスキルや、現場で重要なマナーについてなど、実践的な内容に絞って効率良く学びたいと考える方は、学校法人として認可されていない専門スクールを選ぶことをオススメします。

また、在学期間中からプロの声優と同じ現場で収録に参加できる機会を設けている学校もあります。

人気作品への参加やドラマ出演、そしてイベントのMCなどの仕事も、実力次第では抜擢される可能性があるのです。

また希望者には、実際の現場のオーディション受験をサポートしてくれる学校もあります。

在学中にいろいろな経験を積んでおきたい!
在学中から仕事につながるチャンスが欲しい!

といった方は、そういったイベントやカリキュラムを積極的に設けているスクールをぜひ選んでみてくださいね!

>>おすすめの声優学校・スクールガイド

関連するページ

PAGE TOP