中学生が声優になるには

中学生から声優になれるのか

声優になりたい、という夢を抱いているなら、すぐにでも目指したいと思うことでしょう。中学生で声優になれるのでしょうか。確かに、中学生でも声優になっている方はいないわけではありません。

しかし、その場合は劇団子役オーディションに受かってからなっている場合がほとんどです。ですから、とても難しく、簡単になることはできません。実際になっているのは、とても稀な人たちだけです。

また、養成所や学校に入ろうと思っても、18歳以上でないと入れないなどの年齢制限が存在しますので、狭き門です。なので、中学生で声優になるというのは、少し難しいかもしれません。一般的には、声優の学校に通うことが声優になるための方法です。

今すぐ学校に入ることは難しいので、すぐに声優になるということを考えるのでは無く、中学生活でできることをしながら、声優デビューするときに有利になるような経験を積み上げていくことをおすすめします。

中学生のうちから身に付けられること

ここでは、将来の声優の夢のために中学生のころからやっておくと良いことを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。今すぐ声優になるのは無理かもしれませんが、身に付けられることはいくつもあります。

人前に立つ

声優になりたいのなら、人前に立つことに慣れておいた方が得です。

声優は声の仕事とはいえ人前に立つ仕事です。中学では、演劇部などに入り人前で演技することに慣れておくと後々自分の力になってくれるでしょう。恥ずかしいと思うこと無く、自分を表現していくことができるようになることは大切です。

独学で練習するだけでなく、他人に聞いてもらうことで客観的に評価してもらうこともできます。感情を込めて読んでみたり、実際の演技をまねしてみたり、練習できることはたくさんあります。学校へ行く前に、声を出すことや感情の表現の仕方を考えてみることを大切にしましょう。

本を読む

声優にとって、読解力はとても重要なものだと言われています。

台本をしっかりと理解できなければ、演技にも支障がでてきてしまいます。そのためには、中学生の時から本を読んでおくことが大切です。本を読んで読解力を付けることにより、台本などを理解していくことができます。

ただ読むだけではなく、内容の理解が重要です。わからない単語がでてきたら、その意味を知らなければ演技はできません。本を読むことにより、たくさんの言葉を知ったり、文章を理解していく読解力が高まったりするでしょう。日頃から本を読むようにして、読解力を高め、声優を目指していきましょう。

勉強をする

声優になるには演技が重要と思う方もいるかもしれませんが、学校で毎日勉強をすることも声優を目指すことに繋がっているのです。

声優という職業は、あらゆる作品が有り、様々な役ができる人の方が重宝されます。いろいろな知識を持っていた方が、それだけ役が回ってくる可能性も高くなると言えるでしょう。ですから、声優を目指すのに勉強は関係ないとは思わず、日頃の勉強を頑張り知識を増やしながら、声優を目指していくことをおすすめします。

日々の授業で得た知識が、声優になったときにも役に立つはずです。きっとどの勉強も無駄な時間になることはありません。

まとめ

声優になるために早くから準備をすることは良いことです。早くなりたいのに養成所にいけなくて悔しいと思う方もいるかもしれませんが、今から準備しておけばライバルより上に行けるかもしれません。ただ待つだけなく、この準備期間を大切に過ごしましょう。

関連するページ

PAGE TOP