声優学校・スクールガイドHOME » 声優になるには?王道3ステップ

声優になるには?王道3ステップ

このカテゴリでは、憧れの声優になるにはどうすれば良いのか、その一般的な道のりを3つのステップに分けて紹介しています。

  1. 声優学校を選ぶ…声優学校の種類を紹介。
  2. 声優学校で技術を磨く…学内で何を学ぶのかを解説。
  3. プロダクションに所属する…プロ声優になる方法と流れを紹介。

声優になるには【道のり編】

「声に特徴がある、と褒められるので、その個性を最大限に活かしたい」

「歌手としても華やかなステージを踏んでいる声優さんに憧れている」

「アニメが三度のご飯よりも好き」

声優を目指す動機は人によってさまざまです。しかし、声優は非常に特殊な職業。一般的なサラリーマンとは異なり、華やかな業界に身を置くことになるため、当然競争率も激しくなっていきます。

特に日本のアニメ、いわゆる『ジャパニメーション』への関心が世界的に高まっている近年、声優という職業が注目され始め、志す若者の数も急増しています。

もはや独学では到底技術力が追い付かず、夢が実現できなくなっているのが現状なのです。

こうした世の中の動きをキャッチし、声優になるためのノウハウを提供する教育機関が、ここ10年の間に増加しています。

発声だけでなく演技力も要請される特殊な職種ですから、スクールに通って専門技術を磨く方が有利であることは明白。

「夢を実現したい」という強い意思がある人にとって、専門教育制度が発達しつつある現在は、レベルアップの大きなチャンスなのです。

また、声優としての第一歩として挙げられる「プロダクション所属」とは一体どんなものなのか、在学前からしっかりと見据えて対策を考えておく必要があるでしょう。

1.声優学校を選ぶ

声優になるための基礎技術や知識を学べる学校には、いくつかの種類があります。養成所、専門学校、大学、スクールなどです。

一般的に将来の進路に向け調整をはじめる高校生の時点で、声優を目指す強い志と周囲の理解がある場合は、全日制の専門学校に通うという選択肢があります。

とは言え、声優という職業は狭き門であり、学費負担の問題で保護者との折り合いがつかない、というケースも考えられます。その場合、習い事の延長として、仕事をしながらでも通えるスクールを活用するという手もあるのです。

いずれも結果を出すのは本人のやる気次第。また環境との相性も考えられるので「ここしかない」と断言できる学校はありません。このページでは、それぞれの学校のメリット・デメリットなどを紹介していきます。

>>「1.声優学校を選ぶ」はこちら

2.声優学校で技術を磨く

期待に胸を膨らませ、いざ声優学校の門を叩いた後、学内ではどのような事を学ぶのでしょうか?

言うまでもなく、声優とは非常に特殊な技術職ですので、プロになるためには専門技術を磨く必要があります。

発音や発声を習得/矯正していかなければなりませんし、抑揚のある演技力豊かな声を獲得していかなければなりません。

さらに、より効果的な発声を会得するため、体力にも磨きをかけていく必要に迫られるのです。

また、プロとして活動するきっかけを掴むためにも、業界独特のオーディションで勝ち残っていくための、ノウハウを磨くことも重要です。

このページでは、声優学校に通っている間に学ぶこと、また集中力を維持していくことで、どのぐらいの技術が身につくのかについてリサーチしています。

>>「2.声優学校で技術を磨く」はこちら

3.プロダクションに所属する

日本のアニメーション文化が他国の追従を許さないほど成熟している現在、声優という職業を志し、業界に携わりたいと考える人たちの数も急増しています。

こうした現状を受け、声優プロダクションはいま、まさに買い手市場。そのニーズも日進月歩でめまぐるしく変化しているため、採用担当者の目に留まる人材になるのは、並大抵ではありません。

さらに声優という職業は、何か特別な国家資格を取得しているから道が拓けた、というほど単純なものではありません。業界独特の常識や制度が設けられている、一筋縄ではいかない世界なのです。

こうした現状をしっかりと把握し、対策を考えていくことが必要。このページでは「プロダクション所属への茨の道」について考察していますので、要注目です。

>>「3.プロダクションに所属する」はこちら

4.【番外編】自力で仕事のチャンスを掴む

とてもレアなケースですが、自力でチャンスを掴み取って声優デビューする人もいらっしゃいます。

例えば、声優スクールに通わず、プロダクションに自分を売り込みに行ったケース。ある声優さんに憧れてプロダクションに直接メールとボイスサンプルを送り、デビューしたのが人気声優の花江夏樹さんだと言われています。

他には、何千人もの応募者がいるオーディションを受けて声優になった人や、ニコニコ動画・YouTubeといった動画サイトに投稿して知名度を上げて声優デビューを果たした人も。かなり狭き門ですが、自分を売り込む行動力と素質があればデビューできる可能性も0%ではないことは証明されています。

しかし、声優を目指す人が増え続ける中で自分を売り込み、デビューするのは難しいと言わざるを得ないのが現状です。何千人の中から選ばれた人は、選ばれるだけの才能やセンスがあり、今でも人気声優として活躍している人ばかり。

自力でデビューすることを夢見るのもアリですが、何が何でも声優になりたい!という人はスクールに通う方が近道です。

声優になるには【心構え編】

「声優になるために必要な技術を学ぶ」スクールや専門学校が急増しているのは、志望者にとって喜ぶべき現状と言えます。

自分の中に眠る能力を集中して引き伸ばせますし、業界制度について知識を深めていくことも、以前よりずっと容易になっているのです。

しかし一部のスクールに対しては「遊び半分で通う人が多く、真剣味に欠ける」などの批判も寄せられています。

特に全日制の専門学校の場合、将来の進路に関わる貴重な学びの時期でありながら、学生気分が抜けず、大した成果も残せないままに卒業を迎える人が多いのです。

声優は良くも悪くも個人の魅力が資本という、シビアな世界。「学校に通っていれば、何とかなる」ほど甘い職業ではないことを、肝に銘じておかなくてはなりません。

自分の声に自信がない…

声優に憧れているけど、「私は声が良くないから…」と不安を感じている人も多いのではないでしょうか。声が特徴的だと耳に残りやすいのはもちろんですが、いわゆる「アニメ声」だからといって、声優としての成功が約束されているとは限りません。

プロの声優に求められているのは「声だけで表現できる演技力」だと覚えておきましょう。

また、声質の良し悪しを判断するのはその人自身ではなく、お仕事をくださる依頼主です。自分ではあまり良くないと思っている声質が依頼主の求めている声とマッチングして、お仕事につながる可能性は十分にあり得ます。

「声に自信がない」という理由で夢を諦めてしまうのは、かなりもったいないです。演技力あっての声優なので、プロデビューを目指すなら表現力や演技力を磨いていきましょう。

訛りや読解力が不安…

地方に住んでいると、気になってしまうのが独特の「訛り」。幼い頃から慣れ親しみ、簡単に矯正することはできないかもしれません。ですが、声優を目指すなら「標準語」で話せるようになるのは避けては通れない通過点。正しい日本語やイントネーションで話すことは、とても重要です。

なぜ標準語でなければならないのかと言うと、「声を吹き込んだアニメや映像は全国各地に届く」というのが理由の1つにあたります。誤った日本語やイントネーションで声が吹き込まれていると、視聴者は内容に集中できません。どれだけ内容が良くても、それがうまく伝わらないことには評価されることはないのです。

訛りに不安を感じている人は、できるだけ標準語を話せるようにしておきましょう。

また、声優は台本を正確に読み取る「読解力」も必要です。きちんとした読み書きや標準語を覚えるなら、NHKのニュース番組を参考にするのがおすすめ。NHKに在籍しているアナウンサーは正しい日本語を正しいイントネーションで話しているので、ぜひお手本にしてみてください。

あがり症で大きな声がうまく出せない…

他のキャストの前で演技をしたり、シーンによっては声を張ったりすることが求められる声優。ただ、「人前だと緊張して声が出せなくなる」という人も少なくはないはず。

あがり症は、場慣れしていないことや過剰なプレッシャーを感じていることなどが原因です。克服するための近道は、何か1つでも自分のことを認めて、自信につなげること。「ここだけは大丈夫」と自信が持てると、人前に立つ時の緊張感が薄れやすくなります。

1つずつ自分の良さを見つけては自信に変え、人前で何かを披露することを繰り返すことが、あがり症の克服につながるのです。

人前に立つ機会があまりないという人は、友人や知人とカラオケに行くのがおすすめ。自分の声を誰かに聞かせる練習になります。声優は音と関わる仕事なので、歌を歌ってリズム感を身につけたり声のトーンを磨いたりすることは、決して無駄にはなりません。

結局のところ、声優になるためには「声だけで人に訴えかけられる演技力」や「前向きな努力」が必要不可欠です。どれも一朝一夕で身につくものではないので、地道に習得していくしかありません。

「声質に関わらず、高い演技力を持つ」
「向上心を持って努力し続ける」

この2つが、声優という狭き門をくぐるために必要な心構えと言えるのではないでしょうか。

声優になるには【有名声優エピソード編】

内田真礼

「中二病でも恋がしたい!」の小鳥遊六花役や「アオハライド」の吉岡双葉役などで知られ、第8回声優アワード新人女優賞に輝いた内田真礼さんの声優になるまでの道のりをご紹介します。

・幼少期

小さいころからゲームが好きで、ゲームのキャラクターになりたいという思いから声優という職業に興味を持ち始める。

・中学時代

演劇部に所属。舞妓さんを目指すも断念し本格的に声優を志すようになる。

・高校時代

声優になると決意し、高校卒業と同時に声優学校へ入学。入所審査で中学時代演劇部に所属していた経験を活かし基礎クラスを飛び級した。

・声優学校時代

3年間声優になるためにレッスンを受ける。大学には入学せず声優の勉強に注いだ。その結果2009年在籍中にOVAの「ぼく、オタリーマン」で声優デビューを果たす。

・卒業後

卒業後は声優事務所に所属し、アニメやゲームの声優として大活躍。2014年には第8回声優アワード新人女優賞を獲得。最近は写真集や歌手活動などマルチに活躍している。

茅野愛衣

「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のヒロイン・本間芽衣子役でブレイク。その後第6回声優アワード新人女優賞を獲得した茅野愛衣さんの声優になるまでの道のりをご紹介します。

・幼少期

バレエやピアノを習っていて、人前で何かすることが好きな子供だった。声優にはまだ興味がなく、ゲームは「ポケモン」ぐらいしかやったことがなかったらしい。

・中学時代

友人の影響で声優に興味を持ち始める。ただ美容関係の仕事をしていた母の影響で、将来は美容関係の仕事をしたいと考えていた。

・高校時代

高校に通いながら美容系の専門学校へ通っていた。専門学校の費用は自分でバイトで稼ぎ忙しい日々を送る。

・大学時代

大学に通いながら美容系の仕事を行う。持っている資格はダイエット指導士とイヤーセラピスト。仕事が忙しく、唯一の癒しはアニメ「ARIA」を見ることであった。そこから本格的に声優の仕事に興味を持ち始める。

・声優養成所へ入学

卒業後養成所へ入学。オーディションはスクールに通っていた人など多少の経験者が受けるものだが何も知らずに未経験で受験。たまたま合格し1年間勉強をし養成所を卒業。

・声優へ

OVAでデビュー後、いろいろな役をこなし2011年「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない」のヒロイン・本間芽衣子役でブレイクし、2012年には第6回声優アワード新人女優賞を獲得。現在も活躍中である。

声優になるには【年齢別編】

声優になりたいと思っている方々の年齢層は様々です。そこで今回「中学生」と「社会人」が声優になるために大切なことをまとめました。

中学生が声優になるには

最近は中学生も声優になりたいという人が増えています。実際中学生から声優として活躍している人も。中学生から声優を目指す人がやるべきことは何なのかまとめました。

>>「中学生が声優になるには」

社会人が声優になるには

一度社会人となり働き始めてから声優を目指す方々もいます。一度は夢をあきらめた方、自分のやりたいことが声優だと気づいた方。そんな方々が声優になるためにこれから何をすればいいのかをまとめました。

>>「社会人が声優になるには」

おすすめの声優学校・スクール3選はこちら

PAGE TOP