プロフィット

こちらでは、プロフィットの特徴や学費情報、卒業生・在校生が活躍した作品、在校生の口コミ評判などをご紹介します。

入所数ヶ月で多くの在籍生が声優デビュー!

プロフィットの画像

引用元:プロフィット公式HP(http://www.pro-fit.co.jp/)

プロフィットは、芸能事務所の有限会社プロ・フィットが運営する声優養成所。母体は芸能事務所ですが、主に声優のマネジメントを行っている事務所のため、養成所での指導内容も声優に特化したハイレベルな内容と定評があります。

事務所に所属する声優には、石川界人、岡本信彦、増岡太郎、石上静香、岡田幸子、森沢芙美など現代の声優界を彩るビッグネームがズラリ。

2016年現在、増岡太郎氏と森沢芙美は養成所の講師も務めています。

プロフィット声優養成所の大きな特徴は、入所早々に仕事をもらって現場を経験できること(全ての生徒とは限りません)。中には入所1ヶ月で初めての仕事をもらった、という人もいるようです。

現場での厳しい経験が刺激となり、その後のレッスンへの姿勢や仕事への考え方も変わってきた、という在校生の声が多く見られます。

現実的な話として、学費が安い点もプロフィットの特徴のひとつ。本科の学費は入所金200,000円+月謝30,000円と、年間トータルで見ても一般的な声優養成所の半分~1/3程度となっています。

講師 塩屋翼、島本須美、増岡太郎、深水みゆき、森沢芙美など
卒業生が
活躍した作品
『君の名は。』『タイムボカン24』『暗殺教室』『ちえりとチェリー』『ハイキュー!! 烏野高校VS白鳥沢学園高校』『3月のライオン』『ALL OUT!!』など
学費 【本科】入所金200,000円、月謝30,000円
【基礎科】入所金100,000円、月謝20,000円
募集要項 中卒以上

プロフィットの気になる年間スケジュールを紹介

基礎科と本科でスケジュールやカリキュラムが違うプロフィット。基礎科は、未経験からでも声優を目指せるように基本的なトレーニングを行ないます。本科では、現場ですぐに活躍できるようなスキルを習得可能。それぞれのコースの大まかなスケジュールとカリキュラムを紹介します。

基礎科のスケジュール

上半期は、受難体操や発声練習を中心に芝居の基礎ができる体づくりを中心に行ないます。滑舌の見直しや基本的なトレーニングをすることで、根本的な基礎力を身につけられるのです。

下半期も、発声練習と滑舌見直しは、引き続き行ないます。上半期と異なるのは、エチュード(即興劇)や、戯曲(演劇の台本)などを使用して、芝居の技術を習得できる点です。

本科のスケジュール

上半期は、現場を想定したスタジオでの立ち回りや、台本の内容理解、チェック方法などの指導を受けます。また、マイクの動きや、口パク、息づかいなどについての授業の授業も実施。発声の基礎練習やナレーションの読み方も練習します。

下半期は、現場に近いスピードと緊張感を実際に体感するトレーニングを行ないます。実践方式のアテレコを行ない、スタジオを使ってボイスサンプルの収録も。収録の流れがわかることで、プロになったときにスムーズに立ち回れるようになるのです。

声優に必要なスキルを含め、プロダクションへの所属までをサポートしてくれるプロフィット。現場での経験が豊富な講師の指導を受けたい人におすすめの声優学校です。

プロフィットの口コミ評判

レッスンが始まって間もないころに、アニメのお仕事をいただきました。嬉しかった反面、すごく不安だったことをよく覚えています。右も左も分からない私に、共演者の方々がとても親切に色々教えてくれました。良い経験でした。

半年前の入所試験のときは、頭が真っ白になってガチガチに緊張していた自分でしたが、先日お仕事を紹介されて本物のスタジオで収録するという経験をしました。現場の楽しさと厳しさを体験し、これからも頑張って学んでいきたいと思いました。

一つの作品を作るためには、色々な人が関わっていて、それぞれの協力関係が不可欠。協調することの大切さ、声で表現することの楽しさ、厳しさなど、自分自身の課題を発見しながら学んでいます。

なんの経験もなかった自分がプロフィットに入って3ヶ月。未熟な自分に、早くも最初の仕事をいただきました。スタジオでは多くの方々から暖かなフォローをいただきました。先輩の胸を借りっぱなしの悔しさをバネにし、今後とも精進していきたいと思います。

おすすめの声優学校・スクール3選はこちら

PAGE TOP