日本ナレーション演技研究所

このページでは、日本ナレーション演技研究所の評判や講師、講義・指導のこだわり、学費などについてまとめています。

仕事と学校の両立を目指せる声優スクール

日本ナレーション演技研究所の画像

引用元:日本ナレーション演技研究所公式HP(http://www.nichinare.com/about/index.html)

声優という、明確な資格のない職業のために数年間連日のレッスンは現実的でないと考え、仕事や学校と両立できる「週1回3時間~」のレッスンを提供している、日本ナレーション演技研究所。

東京を中心に名古屋、大阪、神戸にもスクールを展開しています。各スタジオ共にフローリング・鏡張りで、各種機材を完備し、充実したレッスン環境を提供しています。また「声優レッスン以外に歌やダンスも学びたい」という人のために週2回/3回のレッスンクラスも用意されていますよ。

レッスン内容は受講者の実力に合わせ初級~中級~上級へとステップアップしていくレベル別学科制。いずれのレベルでも所内オーディションの受験は可能で、合格すれば事務所所属も夢ではありません。

講師 井上悟、天野由梨、有馬瑞香、石塚さよりなど
卒業生が
活躍した作品
『月刊少女野崎くん』、『THE IDOLM@STER』、『ハートキャッチプリキュア!』、『新世界より』など
学費 入会金10万円、年間受講料20万円~
募集要項 中学卒業以上~40歳ぐらいまで

何を学べる?日本ナレーション演技研究所のカリキュラムとは?

日本ナレーション演技研究所のレッスンは週1回コース週2回コース、週3回コースの3つ分かれており、通いやすい曜日や時間帯に合わせて受講することができます。

週1回コースでは「演技」のレッスンが中心。週2回コースは「演技」と「ボーカル」、週3回コースは「演技」「ボーカル」「ダンス」を学ぶことができます。どのコースも基礎科・本科・研修科に分かれており、審査を受けて少しずつレベルアップしていくシステムです。ここでは週1回コースのカリキュラムを例にとってさらに詳しく見ていきましょう。

「基礎科」で声優の基礎スキルを養う

日本ナレーション演技研究所の基礎科では発声や腹式呼吸、セリフの読み上げ、基礎演技練習などを行い、声優としての基礎的なスキルを養います。1年間みっちりとこれらの練習をこなし、審査をパスすれば次年度から本科に進むことが可能です。

「本科」で表現力を高める

プロの声優として活動するために必要な「表現力」や「想像力」を高めるためのレッスンをするのが本科。他の生徒の前で舞台台本をもとに演技をして、「ひとに伝える」スキルを培います。

「研修科」でプロとしての心構えを学ぶ

審査で本科からの進級が認められると研修科に進みます研修科で行われるレッスンは、アフレコの実習やラジオドラマ形式のレッスンなど、プロの仕事さながら。さらに、プロ声優として活動していくための心構えなども教わります。まさに、プロデビュー前の仕上げといったことろです。

日本ナレーション演技研究所の口コミ評判

フキダシ仲間とともに学べる

日ナレには高校生の頃から通い始めました。現在はバイトや声優の仕事をしながら、通っています。

お互いを高め合える仲間が揃う、良い環境が整ったスクールだと思います。

フキダシレッスン内容が濃い

声優になる夢をあきらめきれないので、仕事をしながらでも通えるこちらを選びました。内容の濃いレッスンを受けられるので、うれしい。忙しい毎日ですが、充実しています。

フキダシ幅広い年齢層の学友と交流

10代~30代まで幅広い年齢層の仲間と学べます。みんな仲が良くて、同年代同士には期待できないコミニュケーションが生まれるのが、面白いですね。

フキダシ先生が信頼できた

レッスンは結構厳しく、壁にぶつかって停滞することもありました。

そんな中でも信頼できる先生が励ましてくれたので「自分を持つこと」の大切さを学べた気がします。

おすすめの声優学校・スクール3選はこちら

PAGE TOP