アルカディア声優学院

このページでは、アルカディア声優学院の評判や講師、講義・指導のこだわり、学費などについてまとめています。

3つのコースがあるので自分のペースで通える声優スクール

アルカディア声優学院の画像

引用元:アルカディア声優学院公式HP(http://www.vastyle.tv/)

プロ声優の指導にあたる「VOICE ACTORS STYLE」の姉妹校として開校したばかりの、アルカディア声優学院。

1年制を基本としており、週1回の「ベーシックコース」、週1~2回の「スタンダードコース」、週末集中で週3回の「アドバンスコース」の3コースを用意しています。社会人でも無理なく通える設定で、演技初心者が対象となっているので、無理なく実力をつけていくことができそうですよ。また学期の途中から転校・編入が可能な制度も設けられています。

講師陣にはキャリア数十年のベテラン声優が顔を揃えます。またディレクター/プロデュースの立場から生徒を指導する講師も多数在籍。スタジオでのアフレコノウハウや、録音ワークの細部を学べます。講師の一人には、女優・多部未華子の父である多部博之も在籍していますよ。

姉妹校が確立した「プロダクション進路ネットワーク」を活用できるのも強みで、キャリアとノウハウを持つ教育スタイリストによる進路デビュー体制が、あなたの夢の実現を強力にサポートしてくれそうです。

講師 有本欽隆、岡野浩介、岡本麻弥、巴 菁子など
卒業生が活躍した作品 『V.D. -Vanishment Day- バニッシュメント・デイ』など
学費 ベーシックコース(週1回)40万円
スタンダードコース(週2/週1集中)50万
アドバンスコース(週3/週末集中)60万
(入学金10万円・設備教材費10万円・プロモート対策費10万円)
募集要項 高校生以上

アルカディア声優学院の気になるカリキュラムをピックアップ

アルカディア声優学院では、最短2年で声優の基礎を身に付け、プロダクション所属を目指すカリキュラムが組まれています。レッスンは日曜日に開催されているため、働きながらでも通えるのが特徴です。午後から3時間ほどレッスンを行なう「週1プラン」と、終日レッスンする「週2プラン」を用意しています。

ベーシッククラスのカリキュラム

初心者が対象で、声優に最低限求められる表現基礎を中心としたカリキュラム内容です。発声・発音練習と表現方法、ナレーションの技術を学べます。デビュー後を見据えたスタジオでの実習も行ない、声優の仕事内容についての理解を深めていくのがベーシッククラスです。

スタンダードクラスのカリキュラム

ベーシッククラスで身に付けた声優の基礎を活かし、より実践的な表現方法を習得するカリキュラム内容です。実際に業界の第一線で使われているスタジオを使用し、舞台演出家による表現指導を受けられます。声優として活躍できる幅を広げるためのカリキュラムが満載です。

アドバンスクラスのカリキュラム

実際にプロとして活躍している声優と合同で実習を行なうクラスです。実際の収録と同じ流れで実習を進めてくれるので、より実践的なスキルを習得できます。プロダクションに所属するための学内オーディションまで、一貫したサポートが受けられます。

アルカディア声優学院の口コミ評判

フキダシ学内オーディションのチャンスも多い

養成所ではなく、専門学校に近い雰囲気です。他の生徒さんを見ている限り、養成所と掛け持ちで通っている人も多くいるみたいです。

学内所属オーディションは40社くらいやっているので、真面目に通っていればチャンスは多いと思います。色んな面で生徒の希望にも融通を効かせてくれるので、通いやすいですね。

フキダシオーディション経験を多く積めました

色んな所のオーディション受けられたのが、良かった。事務所によっての傾向なんかを知ることができて、私にとってはタメになりました。

フキダシ少人数制なのが良い

1クラス15名程度で、授業が受けやすいです。

年間50名と定員を決め、きちんと面倒をみようという姿勢があるようです(それ以外に、ワークショップにだけ参加する人もいます)。

最近は宣伝も多くしているようなので、今後はわかりませんが…。

おすすめの声優学校・スクール3選はこちら

PAGE TOP