東京アニメーター学院

声優を目指す方におすすめの学校・東京アニメーター学院について、学校の特長や講師陣、卒業生・在校生の出演作品、学費、口コミ評判などを紹介しています。

おすすめの声優学校・東京アニメーター学院

東京アニメーター学院の画像

引用元:東京アニメーター学院公式HP(http://www.tag.co.jp/)

東京アニメーター学院の最も大きな特色として挙げられるのは、学内オーディション

学内オーディションに受かった生徒は、実際のアニメ製作現場に1人の声優として参加できます

貴重な経験を積めることはもちろんですが、将来的にも自分の経歴としてアピールする材料になります。

学習内容としては、指定の学科がないため、プロの声優に求められる本当に必要な技術の習得のみに時間を割けます。

また、受講コース以外の授業も受けられる「無料併学制度」を使えば1日6時間学ぶこともでき、効率よくみっちり技術を身につけたいという方にもおすすめの学校です。

気になる就職先に関してですが、多い年で30名、少ない年でも15名以上がプロダクションとマネジメント契約を果たしているそうです(2013年度は70名中18名(25%)が所属)。

また、所属できずに卒業した人のバックアップも万全で、事務所移籍のサポートや仕事の紹介などもしてくれます。

東京アニメーター学院では卒業生に練習ブースなどを開放しているため、在学生が卒業生から話を聞ける機会も多く、卒業後の人脈をゲットしやすい環境といえます。

卒業生にとっては収録スタジオと同じ環境を無料で使え、発声練習・ボイスサンプル収録も出来るので、練習環境を整えられない人にも嬉しいサポートです。

講師 常任講師 野沢雅子、肝付兼太、西原久美子など
ゲスト講師 山口勝平、朴璐美など
卒業生が活躍した作品 『ノーゲーム・ノーライフ』『桜Trick』『ウィザード・バリスターズ~弁魔士セシル』『魔法戦争』『私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!』『ゆるゆり♪♪』など
★2014年4月スタートの『一週間フレンズ。』と『星刻の竜騎士(せいこくのドラグナー)』の2作品には卒業生が主役として出演!
学費 初年度88万円(内訳:入学申込金3万円・入学金10万円・ほか実習費・授業料・諸経費)
募集要項 中卒以上、またはその過程を修了(卒業)見込みの者
 

東京アニメーター学院のカリキュラムを紹介

東京アニメーター学院には声優タレント学科が開設されていて、基礎からしっかり学べるカリキュラムを組んでいます。

声優になるための基礎カリキュラム

声優育成カリキュラムは「基礎トレーニング」からスタートします。基本となる発声や体力作りなどを丁寧に行ない、体全体を使って声を出せるようにみっちり指導。「表現トレーニング」は即興のエチュードで実際に体を動かしながら、感覚を身につけていきます。

活躍の場を広げるための応用カリキュラム

「声のプロ」としての活躍の場は、アニメのアテレコやドラマの吹き替えだけではありません。テレビやラジオなどのナレーションも声優の仕事です。声優として幅広い活躍ができるスキルを身につけるため「ナレーション指導」も行なっています。テレビのCMや番組、PVナレーション、アーティキュレーションといわれる表現技術、言葉で伝える技術などの充実したカリキュラムを受けられますよ。

オリジナリティを磨く特別カリキュラム

近年の声優はアニソンやキャラソンなどを歌う機会が多くなったため、「歌唱指導」を行なっています。発声や音程、リズム感、音域を広げるための訓練など、基礎から学べるカリキュラムです。ブレない歌唱力を身につけることができます。さらに、人前でのステージパフォーマンス方法やフリートークの技術なども学べるようになっているのが魅力です。

東京アニメーター学院(声優タレント科)の口コミ評判

◇在学中からデビューできちゃう!

東京アニメーター学院を選んだのは、在学中にデビューできるから、講師陣が魅力的だからです。

現場で活躍する先生方から滑舌や発声の基礎・演技・アフレコなどを教えてもらえるし、学内オーディションもアニメや吹き替え、イベント司会、ラジオなどさまざまあって、デビューできるチャンスがいっぱいです!

私は在学中、『神様ドォルズ』の収録現場へ行かせてもらったのですが、アニメ制作に声優として携われることに心から感激しました!プロの芝居を近くで見られ、キャラ作りや表現法、演技構成の方法などすごく勉強になりました。

卒業時にはプロダクションへ所属もできたので、これからは学院、そして現場で学んだことを生かして感動を与えられるような声優を目指したいです!

◇第一線で活躍する講師からの指導!

東京アニメーター学院では、第一線で活躍している講師に直接教えてもらえるので実戦的な内容が学べます!

そもそも私がこの学校を選んだ理由は、学費が安い・無料併学制度がある・学内オーディションがあるなどさまざまですが、とくに決め手となったのは学内オーディションでした。

実際、私も入学から半年で、アニメ『クイーンズブレイド リベリオン』の現場に行きました!目の前でプロの仕事を見られるのはもちろん、周りへの気遣いやマイク前のフットワークなど現場で学べることは非常に大きかったです。

その後もいろんな現場へ行かせて頂き多くのことを勉強させてもらったおかげで、念願の事務所にも所属することができました。今後も、少しでも早くプロとして活躍できるよう精進していきたいです!

◇様々な現場で貴重な経験が積める!

東京アニメーター学院は、いろいろなチャンスを与えてくれる学校です。

入学から2年間は学内オーディションに何回も落ちて悔しい思いをしましたが、次はこうしよう、ああしようと必死で勉強し、3年目の研究科でようやくオーディションに合格!ナレーション収録に参加させて頂きました。

その後はアニメやラジオ、テレビ番組のレギュラーMCなどもやらせて頂き、本当に貴重な経験をさせてもらいました。この学校に入学して本当に良かったと思っています。

皆さんも、いつか来るチャンスのために頑張ってください!

◇学内オーディションは夢への近道!

この学校の一番の魅力は、やっぱり学内オーディションだと思います。

私も入学から3ヶ月でアニメのオーディションに受かりました。授業とは違う現場の雰囲気を肌で感じられ、プロの演技も間近で見られてすごく良い経験になります。

他にも外画の吹き替えやラジオ、時報、モーニングコール、イベントMCなどさまざまなオーディションに合格しました。現場で認められるとまた別の仕事につながるので、本当に良い機会を頂けたと思っています。

私の場合はアニメ主題歌やレギュラー番組を担当させて頂くことができました!本当にすごいチャンスをもらえる学校です。

◇安めの学費でたくさん学べる!

何校か候補があったのですが、アニメーター学院は学費が安かったので選びました。

入学当初は初めての事ばかりで緊張していたのですが、だんだん演技が楽しくなり、面白いと思うようになりました。原稿を読み込み、どう表現するかどう個性を出すかを考えるのが大事だと分かってきました。

今は、プロになるため、身なりや挨拶、礼儀、周りへの気配りなどに率先して取り組んでいます。これからたくさんの壁にぶつかると思いますが、一度きりの人生、前向きに頑張っていきたいと思っています!

必見!東京の声優学校おすすめランキング≫

PAGE TOP