声優学校・スクールガイドHOME » 声優になるための練習方法 » 覚えておきたい喉のケア方法とウォーミングアップについて

覚えておきたい喉のケア方法とウォーミングアップについて

アニメやテレビでのナレーション、映画など様々な分野で活躍の場がある「声優」ですが、声優にとって大切なのは「喉」を大切に守ることです。

声優の命とも言える喉ですが、練習や仕事で酷使され、疲労や障害が起こると仕事にも関わってきます。

そんな中で、声優を目指したいと思っている人にとって、覚えておいて損はないのが「喉のケア」についてです。

感染症に注意

喉に負担のかかる病気で頻度が高いのは、風邪になると思います。呼吸器系の感染を起こして発症してしまうと、喉への影響は少なからずあります。細菌に抵抗しようと体が反応して炎症などを引き起こします。

炎症の場所によっては、声が変わったり、時には発声が困難になったりすることもあります。

そのため、喉のケアを行う上で健康で、感染症に罹らないような予防方法をとることが重要です。単純に「食事と睡眠」をしっかり取ること、運動などを行い体力・免疫力をつけることは大切なことです。

一般的な対策としても用いられる「手洗い・うがい」も大切なポイントです。

マスクをつける

先ほどの感染症予防の対策にもなりますが、マスクをつけるというのは手っ取り早い喉を守るケア方法です。

まずは医療用の適切なマスクをつけることで、くしゃみや呼気などからうつってしまう病原菌から身を守ることができます。花粉から身を守るのにも効果的です。

就寝時のマスクの着用をすることで、自分の吐き出す息がマスク内にこもり、湿度が高くなります。喉や唇の乾燥を防ぐ効果がありますので、喉のケアに効果的です。

冬場などは暖房をつけることで乾燥しやすい季節です。風邪を引かないために、部屋を暖めるのはいいのですが、乾燥には気をつけておかなければなりません。

加湿をする

スプレー

ミュージシャンの方でも加湿は欠かさないという人は多いです。先ほどのマスクの部分でも紹介しましたが、喉のケアにとって加湿は大切な要素です。

加湿器を使うのが一番早いですが、加湿器には部屋全体を加湿するものと、口に当てて喉を直接加湿するものとあります。

スチームなどを使って加湿を行うのですが、喉のケアだけでなく、鼻づまりなども解消する効果があります。声の質は喉ばかりではなく、鼻にも関係していますので、加湿によるケアは重要なところとなります。

睡眠時にもしっかりと加湿を行い、夜の間もケアできるようにされている方も多いです。

のど飴

風邪の時にのど飴を舐める方も多いのではないでしょうか。現在、「のど飴」はたくさんの会社から、様々な種類のものが出ていますが、のど飴の効果には、どんなものがあるのでしょうか。

一般的にですが、「ハーブエキス」が含まれたあめを「のど飴」というように定義している場合が多いようです。

効果としては、「喉の乾燥」「喉の疲労」「イガイガとした症状」を改善する効果あります。

ハーブエキスというのは、植物の葉や根などから取り出されたエキスであり、ハーブに含まれている粘液質な成分が、喉の粘膜に効果的に作用すると言われています。

これ以外にも「喉の炎症」を抑えたい、咳や痰を沈めるような効果も期待できます。

喉に良い食べ物

日常生活で、喉に影響がある食べ物は数多くありますが、この食べ物の中には喉に良いものと悪いものがあります。一般的な食べ物の中で、喉に良いものをご紹介します。

大根

どこでも手に入る食材で、喉に良いとされているものに「大根」があります。スーパーなどで売っていない日は無いと思います。

ハーブと似たように、大根には粘膜の炎症を抑えるような働きがあり、喉の調子があまり良く無いときに食べると効果的だと言われています。

すりおろした大根など、摂取しやすい状態で食べると効果的です。

はちみつ

はちみつ

風邪やインフルエンザにかかると蜂蜜を舐めるという人もいると思いますが、「蜂蜜」は喉に良い食べ物の代表格です。

蜂蜜には殺菌作用があり、優れた保存食とも言われます。感染症を引き起こす病原菌に対して殺菌効果も持っています。細菌の増殖を防ぎ、咳にも効果があります。

また、粘膜保護の効果がるため、喉の粘膜を守ってくれます。保湿効果も高く、喉ケアに優れた食品です。

食べ方としては、栄養素を壊さないように加熱しないでそのまま摂取するか、蜂蜜レモンやレモン水など、飲み物にしてから摂取する方法が効果的です。

さらに、大根を蜂蜜に漬け込んで作る「大根飴」は、大根と蜂蜜の相乗効果で喉のケアを行うことができます。

生姜

風邪を引いた時の代表的な食べ物「生姜」も喉に良い食べ物です。

生姜には、ジンゲロールという成分が入っていて、これは生姜の辛味の成分でもあるのですが、殺菌作用があるとされています。そのため、喉が痛いときなどには殺菌成分が多い生姜をすりおろして摂取すると良いとされています。

そのままでは辛味があって食べづらいので、先ほどご紹介した「蜂蜜」を使って混ぜ合わせて摂取すると、食べやすいです。

生姜の成分はすりおろすと、空気に触れて効果が薄れてしまいますので、すりおろしたらすぐに摂取する方が効果的です。

声を出す前に準備運動を

喉から声を出すというのは立派な運動ですので、練習や声を出す前にしっかりと準備しておくことが大切です。

そこで、プロの方達は発生の前にしっかりとストレッチを行われる方も多いです。

喉のストレッチ

舌を前に出して伸ばしたり、喉の奥を広げるようにしながら舌を前、縦横に動かして喉の内側をストレッチします。喉の内側が伸びているような感じがすればできています。

首のストレッチ

喉のケアをする時に、首回りもしっかりと筋肉を伸ばしておくことが大切です。

肩こりの改善でも行われますが、首をゆっくりと回し、顔を上げ下げすることで筋肉をほぐしていきます。実際に手で触って首回りの筋肉をほぐしてもいいです。

肩やお腹のストレッチ

肩を回し、肩甲骨を動かすようなイメージでストレッチを行います。片手を上へ伸ばして横に腰を曲げながらお腹の筋肉もほぐして行きます。

左右しっかりと行いましょう。

最後に

喉のケア方法には色々な方法がありますが、基本的に家で行える簡単なものをご紹介してきました。

特に冬場は乾燥と筋肉もこわばりやすいので、しっかりと喉のケアを行いましょう。

PAGE TOP