声優に向いてる人

ここでは、声優に向いてる人の特徴を紹介しています。

声優に向いてるのはこんな人

声が特徴的なだけでは、声優に向いている人とは言えません。声や演技力、滑舌以下に、声優に向いている人の特徴をまとめました。

想像を膨らませるのが上手な人

声優という仕事は、声だけで何かを伝えていかなければならない仕事です。

ただ書いてある文章を「なんとなくこれっぽい」で読むだけでは、つまらない演技になってしまいます。

そこで必要なのはイメージ。前後に何もないひとつのセリフから想像を膨らませ「この人はこんな人で、こんなことを思いながらこう言っている」など、ただ読むだけではなく言葉を立体的にしていく想像力がある人は声優に向いています。

言葉に気持ちを乗せられる表現力がある人

何かを伝えるためには、言葉以外に気持ちを込めなければいけません。

例えば本心で申し訳ないと思っていても、「ごめんなさい」と雑に言ったら相手には伝わりにくいでしょう。これをより豊かに、細かく表現できる人は声優に向いています。

自分はシャイだから気持ちの表現が苦手という人も、焦る必要はありません。表現力は訓練すれば養えます。まずは変わろうという意識から始めてみましょう。

協調性がある

声優はひとりでできるものではありません。

アニメや映画など、ひとつの作品が完成するまでには多くの人たちと関わります。ただ自分のことだけを考えるのではなく、周りとコミュニケーションをとることはとても大切

また人気声優になれば、ラジオやテレビ番組の出演をすることもあるので、どのような現場でも周りと協力して進められる協調性は、多くの仕事をこなすためにも必要不可欠となるでしょう。

大切なのは「声優になりたい」気持ち

何より大切なのは、声優になりたいという気持ちです。

声優の学校を卒業したとしても誰もがなれるわけでもありませんし、仕事が一つとれたとしても、またすぐにとれるとは限らない不安定な仕事です。

特にプロダクションに所属できるまでは、諦めず、時には現実を見ながら自分を保たなければならないので、根本に「声優になりたい!」という強い気持ちがなければ、多くの人は心が折れてしまいます。

前向きにレッスンやオーディションに励むためにも、いつでも「声優になりたい気持ち」を大切にしましょう。

関連するページ

PAGE TOP