声優の将来性

ここでは声優の将来性についてまとめています。

声優だけじゃない!声の仕事

声優を目指そうか迷っている人の中には「声優学校に行っても、声優になれなきゃすべて無駄になってしまう」といった理由で、声優の学校をあきらめる方がたくさんいるようです。

しかし声優の学校で勉強した発声・滑舌・表現力を生かせる現場は、決してアニメ声優だけではありません。

例えば海外ドラマの吹き替えやラジオ、ナレーション、司会業などの仕事もできます。

また仕事だけでなく、聞き取りやすい話し方は多くの人へ好印象を与えることもできるので、他の仕事に就いたとしても努力して得た技術は必ず生きてくるでしょう。プレゼンテーションなどでも役立ちますね。

もちろん自分の目標としてアニメの声優をやりたい!という気持ちは根気強くチャレンジしていく上で大切です。

ただ、それだけに縛られず、自分の声を活かせる場所を探していくことも、声優としての様々なチャンスにつながることも覚えておきましょう。

積極的にオーディションを受けよう

常にチャンスを求めて、オーディション情報には敏感でいることが大切です。

最近は地上波放送だけでなくBS・CS放送やインターネットでのアニメ放送・配信が増えているので、声優が活躍できる場は多くなってきています。

また日本のアニメ文化は今、国内での人気に留まらず海外でも注目され人気を上げているので、今後もさらに増えていくでしょう。

もちろん、だからと言って誰にでもチャンスが巡ってくるとは限りません。

声優は定年制度もなく、声が変わらない限りは長く続けられるので、一流の人気声優さんたちに長年仕事が集中しているというのも事実です。

しかし、オーディションは誰にでもいつでもチャンスがあるともいえます。

積極的にオーディションを受け、続けて何度も落ちたとしても根気よく続けることが大切です。

声優になりたいけど、将来が心配

声優を目指す多くの人は、将来への不安を感じていることでしょう。

実際に声優業界の中で、プロの声優として生計を立てている人はほんの一握りです。

事務所のオーディションに合格したとしても仕事の量が少なく、アルバイトで生計をたてている人は多くいます。人気声優の中にも、バイトをしている人はたくさんいます。

しかし自分の夢。

不安に打ち勝つには、声優になりたい気持ちに覚悟を決めることです。

上手くいかないことがあっても、何度オーディションに落ちても、夢をかなえるまであきらめない、そういった意志が何より成功へと導きます。

実際に遅咲き声優さんもたくさんいます。

そして努力を怠らないこと。素直に地道に夢へと突き進めば、自らが納得できる結果を得られるでしょう。

また声優のオーディションの必須条件に「養成所や専門学校で声優の勉強をしている(していた)」といった内容が記載されていることが多いです。

声優を目指している人は、まずどこで声優の勉強をするか選ぶところから始めましょう。

声優スクールで学んだ経験は、たとえ声優にならなかったとしても、無駄にはなりません。ほかの仕事でも役に立ちます。はじめに目指す方向は声優でも、ほかの仕事に触れてみることで、それが天職になる人もいるものです。ここで、声優のスキルを活かし、ほかの業界での就職に役立ったという事例をいくつか紹介します。

一生の思い出を彩る「結婚式の司会者」

声優志望者など、声の勉強をしてきた人たちにとって非常に人気の仕事です。ブライダルMCとも呼ばれています。

結婚式は、多くの人にとって一生のうちの、たった一度だけ。結婚という華やかな場面に立ち会えるので、とてもやりがいのある仕事でしょう。

新しく夫婦となるカップルにとって、結婚式は門出の特別な式典です。当然、新郎新婦の親戚や友人、会社の人など、大切なゲストも招待されているので、失敗は許されません。そんな、挙式・披露宴の司会進行役を務めるのに、声優スキルで培った能力が役に立ちます。

一回あたりの報酬額は1〜3万円、きちんとスキルを積めば3〜5万円以上の金額が見込めるので、結婚式が行われることの多い土日だけ司会をしたとしても、高収入が得られるでしょう。

場を盛り上げる「イベントMC」

マイクを使って催し物の進行役を行うのがイベントMCです。オンタイム進行(時間ぴったり)に気を配りながら、イベントが滞りなく進められるように演目などをアナウンスします。

場面によって、声の大きさやスピード、抑揚を変えることが、イベントを盛り上げるためには大事なことです。また、イベントの現場ではトラブルがつきものなので、いざというときには臨機応変な対応が必要です。それも、声優学校などで

「即興」や「エチュード」で場慣れしておけば、慌てずに対応することができるでしょう。

報酬額としては、案件や拘束時間によって様々ですが、時給1,000円以上、日給15,000円以上の募集が多いようです。

家電量販店で商品の良さを伝える「家電MC」

各地にある家電量販店で、商品のPRを行う仕事です。PR内容によっては、抽選会やゲーム大会なども行われているので、イベントMCと似ている部分もあります。基本的には、原稿どおりにマイクでしゃべればOKですが、お客さんの反応によって話す内容を適切に変えることができれば、クライアントからの評価はより高まるでしょう。

報酬としては、時給1,500円前後のようですが、指名が入るようになると日給2万円を超えることもあります。スポンサーは大手家電メーカーさんであることが多く、広告費からの捻出になるので普通のアルバイトよりも割がよいようです。

分かりやすく伝える「講師」

声優学校でみなさんに教えてくれる先生も「講師」ですが、講師と一言でいっても、学校で教壇に立つ人だけではありません。塾講師やセミナー講師など、様々な場所で活躍の場があります。学びにきた人たちに好かれる講師になるためには、話し方はとても重要です。人気講師になれば、報酬もアップしますし、声優スキルが活かせる代表的な仕事のひとつといえるでしょう。

講師の報酬額は、ピンキリです。スポットとして働くのか、それとも常駐社員として働くのかによってもまちまちです。声のスキルのほかに、教える分野の知識が必要になりますが、しっかりと学んで登り詰めれば、年収1,000万円も夢ではないでしょう。ちなみに、カリスマ塾講師になると、年収5,000万円を突破する人もいるそうです。

プレゼン力が決め手となる「営業職」

お客さんに自社で販売している商品を買ってもらうためには、営業職として働く人のスキルが大切なものです。声優スキルを身につければ、自然とプレゼンテーションスキルがアップしますから、プレゼンターとして相手を惹きつける話し方をすることができます。

また、営業として仕事をするなら、お客さんの話し方に応じて、自分の話し方を変えることで、親近感を持ってもらえたり、信頼感がアップしたりするものです。声優スキルを学び、スムーズな会話の掛け合い方が分かれば、営業としても活躍の幅が広がります。

営業職なら、正社員の平均給与以上の収入が見込めます。報酬は会社によって獲得額や件数に応じた成果給制を導入しているところもありますし、固定給制のところもあります。賃金形態は様々なので、自分に合う会社を選びましょう。

正しく伝える「ナレーター」

ナレーターの活躍の場は、多岐に渡ります。企業の製品プロモーション映像や、製品のシステムボイス、プラネタリウムのナレーションなど、正しく読み上げるスキルは、声優スキルとして得た滑舌の良さが役立ちます。ナレーターの仕事の特徴としては、あまり個性を入れずに、誰もが聞き取りやすい速度で、はっきりと発音することです。

ナレーターの仕事の多くは、スタジオなど、録音に適した場所に行き、あなたの音声を収録します。ほかの仕事と比較すると、セリフ量が少なければ拘束時間も少なく済みます。

報酬は、分数単位で発注するクライアントもいれば、文字数やワード数単位で発注するクライアントもおり、一概にどのくらい、とは言い難い報酬体系となっています。しかしスキルを上げれば、それだけクライアントのニーズにマッチする可能性が高まりますから、収入アップを狙うことができます。

声だけで顧客ニーズに応える「コールセンタースタッフ」

声優志望の人たちが多く働いている職場として、「コールセンター」が挙げられます。電話の先にいるお客さんの声を聞きながら、お客さんのお困りごとを解決する仕事です。

お客さんが気持ちよく電話を終えられるよう、時には感情を込めて伝えることも必要なため、声優スキルを持っている人を積極的に採用したいという企業は多いものです。

収入としては、時給1,500円前後の募集が多いです。また、常に人材不足の業界でもあるので、求人サイトで探せば、すぐに働く場所が見つかるでしょう。地方に住んでいる場合でも、静かな環境さえ用意できれば、在宅でもコールスタッフの需要があるところもメリットのひとつです。

もし、声優になれなかったとしても、声優スキルはどこの業界でも活かせる能力です。声優スキルがあれば、就職面接の場でもはっきりと伝えることができるので、就職活動でも有利ですね。しっかり学んで鍛えておけば、一生もののスキルになりますよ。

関連するページ

PAGE TOP