声優の将来性

ここでは声優の将来性についてまとめています。

声優だけじゃない!声の仕事

声優を目指そうか迷っている人の中には「声優学校に行っても、声優になれなきゃすべて無駄になってしまう」といった理由で、声優の学校をあきらめる方がたくさんいるようです。

しかし声優の学校で勉強した発声・滑舌・表現力を生かせる現場は、決してアニメ声優だけではありません。

例えば海外ドラマの吹き替えやラジオ、ナレーション、司会業などの仕事もできます。

また仕事だけでなく、聞き取りやすい話し方は多くの人へ好印象を与えることもできるので、他の仕事に就いたとしても努力して得た技術は必ず生きてくるでしょう。プレゼンテーションなどでも役立ちますね。

もちろん自分の目標としてアニメの声優をやりたい!という気持ちは根気強くチャレンジしていく上で大切です。

ただ、それだけに縛られず、自分の声を活かせる場所を探していくことも、声優としての様々なチャンスにつながることも覚えておきましょう。

積極的にオーディションを受けよう

常にチャンスを求めて、オーディション情報には敏感でいることが大切です。

最近は地上波放送だけでなくBS・CS放送やインターネットでのアニメ放送・配信が増えているので、声優が活躍できる場は多くなってきています。

また日本のアニメ文化は今、国内での人気に留まらず海外でも注目され人気を上げているので、今後もさらに増えていくでしょう。

もちろん、だからと言って誰にでもチャンスが巡ってくるとは限りません。

声優は定年制度もなく、声が変わらない限りは長く続けられるので、一流の人気声優さんたちに長年仕事が集中しているというのも事実です。

しかし、オーディションは誰にでもいつでもチャンスがあるともいえます。

積極的にオーディションを受け、続けて何度も落ちたとしても根気よく続けることが大切です。

声優になりたいけど、将来が心配

声優を目指す多くの人は、将来への不安を感じていることでしょう。

実際に声優業界の中で、プロの声優として生計を立てている人はほんの一握りです。

事務所のオーディションに合格したとしても仕事の量が少なく、アルバイトで生計をたてている人は多くいます。人気声優の中にも、バイトをしている人はたくさんいます。

しかし自分の夢。

不安に打ち勝つには、声優になりたい気持ちに覚悟を決めることです。

上手くいかないことがあっても、何度オーディションに落ちても、夢をかなえるまであきらめない、そういった意志が何より成功へと導きます。

実際に遅咲き声優さんもたくさんいます。

そして努力を怠らないこと。素直に地道に夢へと突き進めば、自らが納得できる結果を得られるでしょう。

また声優のオーディションの必須条件に「養成所や専門学校で声優の勉強をしている(していた)」といった内容が記載されていることが多いです。

声優を目指している人は、まずどこで声優の勉強をするか選ぶところから始めましょう。

関連するページ

PAGE TOP