声優という仕事のすべて

ひとことで声優といっても、その仕事内容は多岐にわたります。アニメや映画だけじゃない色々なところで自分の声が活躍するなんて、考えただけでも楽しくなりますね。

ここでは、そんな声優の仕事の全貌を調べてみました。これも声優の仕事なんだ!っておどろきもあるかもしれませんよ?

声優が担当する仕事の内容

  • アニメ…
    声優といえばまずアニメですよね。同性キャラはもちろん異性キャラ、赤ん坊からご老人、動物、ロボットまでなんでも担当します。
    アニメの吹き替え作業「アフレコ」という言葉は、みなさんも聞いたことがあると思います。従来、出来上がっている映像に声を入れていましたが、現在では多くの場合で線画・ラフなどにあわせて行う方法が主流です。
    キャスティングはほとんどがオーディションで決まり、ひとつの役につき2・3人から多い場合で数千人。そのため、キャリアがどんなにあったとしても落ちる場合がありますし、反対に新人の人が選ばれることも十分にありえます。落選したとしても別のオーディションに呼ばれるなど、チャンスが多くあります。
  • 洋画吹き替え…
    洋画や海外ドラマの吹き替えも声優の仕事では有名ですね。
    俳優の口の動きや演技に声を「あてる」ため、アテレコと呼ばれています。各国の言語によって発音も口の動きも変わってくるため、必要とされる技術は高め。
    キャスティングはアニメ同様にオーディション、制作会社や音響監督による指名も珍しくありません。
  • ラジオパーソナリティ…
    憧れの声優などのラジオ番組を聞いたことがある方ならご存知、ラジオのパーソナリティも仕事のひとつとなります。
    演技やキャラクターではなく素の自分を出すため、ファンが増えたり親しみを持ってもらえたり、と人気声優への第一歩ともいえます。
  • 舞台…
    声優として参加したアニメやゲームのミュージカル・舞台化のほか、役者としての活動にも重きをおく声優は多くいます。声優は演技の勉強が基本となり、さらに声だけですべての表現をする高度な技術を必要とします。舞台での役者活動にも力を入れ、声優としてのスキルもアップさせる方が多くいるようです。
  • 歌手活動…
    アニメや映画によっては主題歌、劇中歌、キャラクターソング、それに付随してCDをリリースする機会があります。アイドル声優といわれるように、最近ではアーティスト活動に力を入れる声優も増えてきています。
  • ゲームキャラクター…
    CMで見たことがある方も多くいると思いますが、ここ数年、ゲームキャラクターの声の仕事が増えてきています。携帯ゲームの流行が背景にあり、そこからアニメ・映画化などさまざまなメディアへ発展する可能性も持っています。
    演技のかけあいがあるアニメや映画と違い、ブースにひとりで入りひたすら分厚い台本に沿って録音していくオンリー録りと呼ばれる方法で声を録っていきます。
    多くの場合1日ですべてを録り終えるため、ハードな仕事となるようです。
  • ナレーション…
    あまり知られていませんが、テレビ番組や報道関係、ラジオ、CM、企業PR、教育VTR、店内放送、交通機関・テーマパークのアナウンスなど、テレビや街で流れる身近な声はほとんどが声優の仕事です。多くはアニメや映画に比べギャラが高額となっています。
    クライアントの要望に応えなければならないため、技量がためされます。  
  • その他…
    そのほかにも、アニメ・ゲームショーなどのイベント出演、テレビ番組への出演・司会、ドラマ・映画出演や雑誌取材、出版関係など、声優の仕事は多岐にわたります。

関連するページ

PAGE TOP