声優を目指すために必要なこと

声優を目指す上で、まず知っておいて欲しいことは、声優に必要な力と技術、なにを求められるかです。

自分に何ができて、何が足りないのか。それを知っているだけでも、これから勉強する上で有利になりますよ!

声優を目指すのに必要な力

演技力はもっとも重要となりますが、それにはストーリーを理解し、役を作る必要があります。話の流れがよく分からずに、役作りも演技もできるわけがありませんよね。

そこで必要になってくるのが、国語力と読解力といわれています。

声優になりたい方によく言われることのひとつが、たくさん本を読めということ。これは声優に必要な読解力、そして想像力をきたえるためには、読書が一番適しているからなのだそうです。

当然ですが、アニメや映画の仕事には台本があり、ストーリーの流れを読んで演技をしていきます。場合によってはシーンが前後する場合もあり、全体の流れを理解していなければ、そのシーンごとの演技は困難となります。「このシーンの次だから、ここではこういう感情だろう」など、ストーリーを深く理解し、感じとり、それを伝えられる想像力が必要となるのです。

本を読むことは今からでも実行可能です。本を読んだ内容を簡単にまとめて、その話を理解できているかチェックする方法も、表現力を向上させる効果がありますよ。

声優に求められることとは?

声優という性質上、声での表現も考えなければいけません。声優に求められることとは、その表現を「自分にしか出せないもの」にすることでしょう。

なんでもできる事に越したことはないですが、なんでもそれなりにしかできない程度の声優は、使いづらいと言われているようです。
「なんでもそれなりに」とは、誰しもが出せる男性の声・女性の声や、いわゆるアニメ声という特徴のある声。今ではそういった演技・表現ができる人はごまんといるのです。

もちろん普通ではない変わった声が、求められるすべてである、というわけではありません。「憧れの声優に近づきたい」「こういう声を出したい」と思う気持ちから学ぶことも、とても大切だと思います。
しかし、自分にしかできない表現をもち、今、どういった声優が求められているかを考えることは、声優を目指す上で重要なことだといえるようです。

おすすめの声優学校・スクール3選はこちら

関連するページ

PAGE TOP